×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

やっぱり机はコイズミ学習机?

コイズミから発売されている学習机にステップアップシリーズがありますがこれは細部にわたって工夫が施されています。
書棚とデスクの配置を子供の成長に合わせて変える機能はもちろんのことです。
書棚の間仕切りや棚板の配置も自由にレイアウトできますから将来PCをデスク上に配置することもできるんです。
書棚の棚板は3cmピッチで調節可能。間仕切り板はどこの位置でも取り付け可能です。
収納する本のサイズに合わせることができるのでスペースを無駄なく利用できるというわけです。
(天板の奥行きも従来のタイプに比べて5cmほど大きくしているようです。)
学習机にはコンセントが配置されていますけど、そのコンセントにもトラッキング火災を防止する機能が採用されているんです。
コンセントは着脱式。デスク本体の内側でも外側でもどちらでも配置できるようになっています。
デスクの側面にランドセルを掛けておくフックが配置されていて・・こういう気配りも嬉しいんですよね。

コイズミ学習机の種類

コイズミの学習机に「フェリーチェ」というのがあるんですけどね。デザインが大変シンプルなんです。
小学校だけでなく中学校、高等学校、大人になってからだって使用できますよ。
「フェリーチェ」のデザインならリビングに置いたとしても違和感はないと思いますよ。
子供が小さいうちは学習机をリビングもしくはダイニングに設置したい、そういう人にはおススメの学習机でしょうね。
フェリーチだとデスクの天板の高さを4段階で調節できます。
身長が105cm前後から160cmを超えるまで幅広い年代まで対応できるようになってるんです。
チェアーも5段階の高さ調節ができるようになっています。
フェリーチェの大きな特徴 ⇒ 天板の奥にある背板がホワイトボードになってるんです。
便利ですよ〜。日常の様々な場面で活躍してくれますよ。
親が子供に勉強を教える際には黒板代わりになってくれますし。忘れ物が無いように準備しておくものをメモするのにも使えますね。
ときには親から子供へのメッセージを書き込むのもいいかもしれません。また逆ももちろんOKです。
他の学習机には無い特徴です。学習机選びの選択肢の一つに入れてみてはいかがですか。

学習机を選ぶ時の注意点

学習机を選ぶ時、どのようなことに注意して選ぶべきか。機能、使いやすさ、サイズ、デザイン・・様々なことを考えて選ばなくてはなりません。
子供部屋を学習机の購入をきっかけとしてデザイン的にコーディネートしたい人もいますよね。そういう人にとっては学習机のデザインは重要なポイントになってきます。
とはいえ学習机やベッド、カーテンやらチェストやら、いろいろとコーディネートしていくのは大変な作業です。
「キッズルームシリーズ」。コイズミではそうした苦労を解決する方法として「キッズルームシリーズ」を提案しているんです。
学習机やベッド、チェストや本棚など、子供部屋に必要な家具をトータルでコーディネートできるように配慮されているのがキッズルームシリーズです。
キッズルームシリーズには3種類あります。
@パイン材を使用したシンプルでスタイリッシュな「良品専科」。
すっきりとしたデザインで長期間使用しても飽きてこないと思います。
A「ピーターラビット」。ピーターラビットの世界を子供部屋に再現してくれます。
落ち着いた感じの部屋になると思いますよ。デザインが暖かいので。
B「シンデレラドリーム」。ロマンチックな女の子にいいかもしれません。
シンデレラドリームでは家具からカーテンまで取り揃えることができてシンデレラの世界を楽しむことができます。

Copyright © 2008 コイズミ学習机 購入@navi